京庵 -miyako an-
早来駅
京庵 -miyako an- > 庵主 > ブログ > 安平町ボランティアに行って来ました。

安平町ボランティアに行って来ました。

北海道に暮らして3年目。

 

車を持たない生活をしているので遅くなりましたが、
安平町に震災ボランティアに行って来ました。

早来駅

公共交通機関の復旧で、駅から徒歩で向かえるボランティアセンターがある
早来(はやきた)駅です。

 

お隣の駅が「安平(あびら)」

濃霧 濃霧

当日の朝は札幌から途中、真っ白な濃霧に覆われ、
電車も13〜15分遅れ

 

「こりゃボランティアの受付時間に間に合わないな、、どうしようか」

 

と、思っていたのですが、
南千歳から先、まだ徐行運転区間も多いためか、
乗り継ぎ列車が待っていてくれたので、なんとか間に合う時間に到着しました。
電車じゃなくて、ディーゼルで走る列車ですよ。1両なこともありますが、笑)

 

着いてみたら、すっかり夏日。

安平町

入道雲が出るくらいの晴天に恵まれました。

 

到着後は担当のボランティア部署に人が割り振られます。
10月からは平日のボランティア募集が一応なくなるということで、
土日最後、翌日は台風を考慮して活動を無くしたため、
実質、9月最後の活動日ということで、
約100名ほどの募集となりました。

 

大まかなお仕事は以下の感じ。

 

・ボランティアセンターとなっているふれあい交流館の中での
 PCデータ登録作業(コレは女性の手がよくあがります)
・各戸へ物資の配布
・各戸への清掃班(コレは大型家具などの廃棄もありハードなお仕事)

 

私は他の人たちの希望を待って、その後、
人の不足している部門へ参加することにしたので、
一番人手の要る清掃班に参加しました。

 

田植え以来の活躍となるつなぎを着て、準備万端。

 

今回は運転手も少ないということで、大きなトラックを運転することに。

 

午前と午後、久々のこのクラス。
運転席が高い〜。

トラック

 

トラック

すでにボランティアさんたちの活動によって、
全戸からの要望聞き取りが行われていましたので、
各ニーズに沿って地震で壊れた家具や家電の回収に回ります。

 

しかし、お年寄り率も高い地域のため、
この際ついでに、ということで、町長さんの計らいにより
震災以外のゴミも、一緒に回収させてもらっていました。

 

お年寄りは自分で大きなゴミを出せず、置いてしまう傾向もあるため、
使わないものはこの際処分して、安全な住空間を作ってもらった方が
今後の余震に対しても安心かと思いますしね。

 

というわけで、現場系女子力発揮して、
引越し屋さんや廃品回収業者さんかのように、
タンス、大型テレビ、本棚など、大きなものの運び出しから、
燃えるゴミ、燃えないゴミの回収など、各お家を回らせてもらいました。

 

帰ったら相変わらず、気づかない間についた
赤タン青タンたくさん出来ていて、筋肉痛でした。笑

 

そして、今回初めて知った、JR北海道の
フリーエリア内1日乗り放題乗車券

 

これ、すごいありがたいです。

 

土日祝日限定で切符に記載の区間内なら有料特急以外乗り放題です。

 

1日のみ有効。

 

これで、片道分の金額で往復できました。

フリーエリア1日乗車券

これからは平日のボランティア募集が少なくなるということなので、
札幌から、千歳からでも買えるかなと思いますが、
このチケットはお安いですよ♪

 

今度、週末に夕張へ行く時にも活用しよう!と、思いました。

早来駅 はやきた駅

帰る頃にはすっかり寒くなり、雪虫も飛んでいました。
雪虫が飛ぶと、北海道ではそろそろ初雪の季節です。

 

帰りはもう少し余裕があったら、温泉や食事もして帰りたかったのですが、
お楽しみはまた今度。

 

駅前と駅舎にあったお店で、お土産を買って帰って来ました。

雪だるま最中

早来は「雪だるまの町」らしく、雪だるまの郵便局があったり、
街灯の形が雪だるまだったりもして、
雪だるまの形をした最中。その名も「雪だるま最中」

 

可愛かったので二種類とも(^-^)

 

中身は粒あんと白あんです♪

早来銘菓

雪だるま最中

その他にも、チーズが有名みたいで
チーズ羊羹、なるものも購入してきました。

 

それはまた後日、食べた時にでもご報告しますね。

 

温泉も再開しているようだったし、今後、道の駅もできるみたいだし、
復興していくのが楽しみな町です。

 

各地から駆けつけたボランティアの人たちが、
復興後も楽しみに訪れることができる町なので、
今後、このご縁がつながっていきますように、と、願います。

 

寒くなると、避難者の方々には辛い季節。

 

暖房器具や毛布、暖かい食事などのニーズが予想されますが、
今後も継続したお手伝いができればと思います。

 

2018.10.1.